健康診断・予防接種

特定健診・がん検診(横浜市)

検診 健診
  • 肺がん検診
  • 大腸がん検診
  • 前立腺がん(PSA検査)
  • 肝炎ウイルス(B型・C型)検査
  • 横浜市特定健診

などを当院で行っています。


予約は不要です

横浜市のがん検診・特定健診は予約の必要がありません。
保険証をご持参いただき診療終了30分前までにお入りください。 

対象年齢

横浜市民で2022年4月1日までに対象年齢に達する方は受診可能となります。
1年間(4月~翌年3月)に1回受けられます。
ただし「肝炎ウイルス検査」は一度しか受けられません。

受診・自己負担額

肺がん検診

「胸部レントゲン撮影」と「問診」があります。喀痰検査はありません。

 

診察時に画像を読影後「後日医師会にて2次読影」を行います。医師会より届いた結果を皆様へ早くお伝えできるのが郵送となります。

 

精密検査が必要となった場合、別途ご連絡させていただきます。

 

横浜市肺がん検診
肺がん検診の流れ

・2022年4月1日までに40歳に達する方:680円

 

・2022年4月1日までに70歳に達する方:無料



大腸がん検診

容器をお渡ししますので「2日分の便を採取」して受付までご持参ください。
3日後には結果が出ています。

 

精密検査が必要となった場合、別途ご連絡させていただきます。

・2022年4月1日までに40歳に達する方:無料



前立腺がん(PSA検査

「採血」を行います。
検査前の食事制限はありません。
3日後には結果が出ています。

・2022年4月1日までに50歳に達する男性:1,000

・2022年4月1日までに70歳に達する男性:無料



肝炎ウイルス検査

「採血」を行います。
検査前の食事制限はありません。
3日後には結果が出ています。

・過去に肝炎ウイルス検査を受けていない市内在住の方が対象:無料



特定健診

「尿検査」「身長・体重」「血圧測定」「問診」「採血」を行います。3日後に結果が出ています。

・2022年4月1日までに40歳に達する方:無料


持ち物

  • 受診券(2021年5月下旬以降 横浜市より郵送される予定です)
  • 保険証
  • 診察券

当日の食事

血液検査において正確な数値を得るため「午前中に特定健診を受けられる方は朝食を抜いて、午後に受けられる方は昼食を抜いて」お越しください。
水分を摂取するための飲水はかまいません。

新型コロナウイルス抗体/ECL 健診(自費抗体検査)

現在感染しているかどうかを調べるのではなく「過去にウイルスに感染したことがあるかどうか」抗体が陰性か陽性かを調べる検査です。PCR検査ではありません。

 

◆対象者

・2週間以上前に風邪のような症状・発熱・味覚異常などの症状があったため、新型コロナウイルスによる感染であったか調べたい方。

・症状はなかったが無症状で感染していたか心配な方。

◆検査方法

・血液検査を行います。検査前の食事制限等ありません。

◆結果

・4日以降

◆費用

・6,000円 保険適用外のため自費でお支払いとなります。

◆備考

・今現在、2週間以内に発熱や風邪のような症状があった方は検査できません。

・ウイルス存在の有無を調べるPCR検査とは異なりますので、診断書や証明書の発行はできません。

・抗体が陽性であっても、今後、新型コロナウィルス感染症に感染しないというわけではありません。

・予約は必要ありません。診療終了30分前(11:30、18:00)までに来院してください。

検査項目名:新型コロナウイルス抗体/ECL 健診

検査方法:ECLIA
☆試薬メーカー:ロシュ・ダイアグノスティックス社
欧州での使用を可能とするCEマークを取得し、アメリカ食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)を得ています。簡易キットとは違い、非常に精度の高い検査となります。

新型コロナウイルス抗体

(SARS-CoV2抗体)の判定基準

 COI 判定
1.0未満 (-)
1.0以上 (+)

健康診断(雇入時)

  • Aセット~Dセットの料金には「診断書発行料」が含まれています。
  • 雇入時健康診断は「Dセット」となります。血液検査において正確な数値を得るため、午前中に健診を受けられる方は朝食を抜いて、午後に受けられる方は昼食を抜いてお越しください。なお、水分を摂取するための飲水はかまいません。「Dセットの診断書は4日後のお渡し」となります。
  • 視力検査では、裸眼視力と矯正視力の両方を測りますので、コンタクトレンズではなく眼鏡で来院してください。必要に応じ、検査後に装着するコンタクトレンズをご持参ください。

スマホで表が画面より右にはみ出している場合は、表の中をつかんで横スクロールでご覧ください。

検査項目 Aセット Bセット Cセット Dセット
料金(円) 6,500 8,800 13,500 18,000
1. 既往歴および業務歴の調査
2. 自・他覚症状の有無の検査
3. 身長・体重測定
4. 視力・聴力検査(※聴力検査:A・B=簡易検査、C・D=オージオメーター)
5. 血圧測定
6. 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
7. 胸部エックス線検査
8. 心電図検査

9. 貧血検査(赤血球・白血球・血色素・ヘマクリット・血小板)

10. 腎・肝機能検査(クレアチン・尿酸・AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-(GTP)
11. 血中脂質検査 (中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
12. 空腹時血糖

オプション検査

オプションとして上記のセットに追加できます。

  • 心電図:1,300円
  • レントゲン:2,100円
  • オージオメーター:3,500円

生命保険診査の方へ

火曜日午後のみ未実施です

火曜日午後は生命保険診査を実施しておりません。

恐れ入りますが、火曜日午前または他の曜日に診査をお受けください。

診査当日の持ち物

  • 診査書類
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 当院ホームページよりダウンロードした初診問診票(ご記入のうえご持参ください)

予約制ではございませんので窓口で受付を行っております。混み合う時は多少待ち時間が長くなる場合がございますので、時間に余裕を持ってご来院ください。

風しん対策事業(横浜市・第5期)

横浜市風しん対策事業麻しん風しん混合(MRワクチン

対象者この事業を利用したことがない19歳以上の横浜市民で、

 

1 妊娠を希望されている女性(妊娠中は接種できません)

 

2 妊娠を希望されている女性のパートナー及び同居家族(婚姻関係は問いません)

 

3 妊婦のパートナー及び同居家族(婚姻関係は問いません)

 

※1 麻しん風しん混合(MR)ワクチン又は風しん単独ワクチンの接種歴が2回以上ある方は対象となりません。

 

※2 横浜市風しん対策事業のご利用は一度限りです。

 

(平成27年度以降に風しん対策事業を利用した後、再度の利用はできません)

 

実施期間令和4年3月31日まで。

費用麻しん風しん混合ワクチン 1回 3,300円、風しん抗体検査(血液検査)は無料。

横浜市風しん対策事業は郵送による個別通知を行っていません。ご希望の方は保険証をご持参のうえご来院ください。

 

◆最初からワクチンを接種するか、抗体検査後にワクチンを接種するか、どちらか選べます。

◆ワクチン接種後に抗体検査を希望される場合、抗体検査費用は実費でのお支払いになります。

◆麻しん風しん混合(MR)ワクチン接種ご希望のかたは、ワクチン在庫の有無を受付までお問合せください

 


風しん追加対策事業第5期定期接種

対象者昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性。

実施期間2022年3月31日まで(3か年計画)

費用無料(通常10,000円程の費用ですが国の補助対象となり本人負担がありません)。

 

詳しくは風しん追加的対策の実施方法をご確認ください。

抗体検査の予約は必要ありません採血後、結果が出るまで1週間ほどかかります。「十分な風しん抗体がない人は接種も無料」で受けられます。

※風しん追加対策(第5期定期接種)は、横浜市風しん対策事業と別の事業になります。

予防接種

【成人用肺炎球菌ワクチン】23価肺炎球菌ワクチン

新型コロナウイルス感染症の影響により、予防接種をしないまま期間を経過してしまった方について、横浜市では接種期間を延長しています。詳しくはこちらをご参照ください。

 

実施開始2021年7月1日より(予定)

横浜市より予診票が届いたかたは公費の補助により3,000円で接種できます(初めて接種される方)。

 

任意成人用肺炎球菌ワクチンの接種をご希望のかたは「年間通して」いつでも受けられます。料金は自費で9,000円となります。来院前にワクチン在庫の有無を受付までお問合せください。


【インフルエンザワクチン】

2021年度 横浜市高齢者インフルエンザ予防接種・65歳未満予防接種は10月開始予定。